F1 2017年アメリカGPはアメリカナイズされててびっくり

ja.espnf1.com

 

アメリカGPはハミルトンが危なげなく勝ちました。フェラーリが2位、3位でハミルトンのチームメイトのボッタスが5位。

 

シーズン前半は、ハミルトンにチームメイトのボッタスがついていけたのに、後半は完全に置いて行かれるようになってしまいました。

メルセデス」が速いとよく言われますが、後半は「ハミルトン」が速い、ですね。ハミルトンがいなければ、メルセデスは勝ててないわけですから。

 

アメリカGPでは、スタート前にブラスバンドの演奏があったり、ドライバーを一人一人紹介しながら呼び入れたりと、アメリカらしい演出がありました。

正直、TV観戦している側としては「早くレースしようよ」という気持ちもあったのですが、こういう取り組みを通じて「地域のイベント」として根付いていくのでしょうね。マーチングにかかわった大学生や家族、友人などは、F1を知らなかったとしてもこれをきっかけにして、F1が身近になるわけですから。

 

鈴鹿でも、地域の小学校(でしたっけ)から各チームへ応援のメッセージが送られたり、ピットに小学生を招待したりと色々考えられているそうです。

headlines.yahoo.co.jp

地道な活動ですが、もっと大きな波になって、F1がもっと認知されればいいですね。