読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

提案 レシピにおける液体調味料の単位について

f:id:kuninn:20170329011317j:plain

 料理のレシピなどで、塩少々、あるいは、塩一つまみという説明を見ることがあるが、料理研究家の方がラジオで話していたところによると、「少々」は親指と人差し指でつまむ量、「一つまみ」は親指と人差し指と中指でつまむ量を指すらしい。

 

 また、レシピなどでは、しょうゆやみりんなどの液体調味料の分量として、カップやCCという単位が用いられることが多い。

 

 しかし、実際には、ある程度料理の経験のある主婦(主夫)がレシピを見て調理する場合、しょうゆやみりんはボトルから直接入れるのではないだろうか。少なくとも、僕は、そうしている。

 

 そこで、新たに、液体調味料の単位として、次のものを提案したい。

 「ちょっと」・・・ボトルからちょっと垂らす。

 「ドボ」・・・ボトルからどぼっと入れてすぐ止める。約5ちょっと。

 「ドボボ」・・・ボトルから1秒程度継続して投入。約2ドボ、約10ちょっと。

 

 かなり直感的に液体調味料の分量が把握出来ると思うのだが、いかがだろうか。

 「煮物には、しょうゆ1ドボボにみりん1ドボ、あと酒を1チョット」

 

 数字を入れるともうひとつだな。

 「煮物には、しょうゆをドボボっと。それにみりんをドボッとと、酒をちょっと」

 

 これだ!