北朝鮮問題について

 これまであまり動きのなかった北朝鮮と米国の関係ですが、トランプさんが大統領に就任してから、大きく関係が変わってきています。緊張の方向へ。

 

 北朝鮮核兵器やミサイルなどの開発を進めてこれたのは、残念ながら「制裁」がうまく機能してこなかったということなのでしょう。

 

 改めて振り返ると、「制裁」で国民生活が苦しくなったから核やミサイルを手放す、ということを期待するには、あまりに北朝鮮という国家の成り立ちが不安定であったと思います。一度、あそこまで、国民の国外に対しての敵意を盛んにしてしまうと、TOPがブレーキをかけた場合、強硬派に排除される恐れがありますから。

 

 実際に、中国が制裁の実行にあまり協力的ではなかったのは、北朝鮮の暴発よりも、そのような体制の崩壊、それによる難民の発生や西側との緩衝地域の喪失を恐れていたのではないでしょうか。

 

 ところで、ここまで北朝鮮と米国の緊張の度合いが高まっている中で、今朝、北朝鮮がミサイルを発射(失敗でしたが)しましたよね。

 

 「米国の反応やいかに!」

 

 と、僕なんかは緊張を持って受け取ったんですが、日本のメディアの扱いはすごく小さいですよね。ニュース番組の一コーナーで取り上げられるぐらいです。

 

 「国民の不安をあおらないように」とかいう指示が政府から出ているかとかまで勘ぐってしまうほどです。もちろん、実際にはそんな指示は出ないでしょうし、出たとしても現在のメディアがそれに従うとは思いませんが。

 

 日本国民全体の関心も「漠然とした不安」にとどまっているように思えますが、事態の切迫性・緊急性からすると、特番を組むとか、もっと関心が集まってしかるべきテーマに思えるのですが・・・。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

 

F1 2017年第3戦バーレーングランプリ 予選

f:id:kuninn:20170409194912j:plain

第3戦バーレーングランプリ 予選結果

 

 PP バルテリ・ボッタスメルセデス

 2位 ルイス・ハミルトンメルセデス

 3位 セバスチャン・ベッテルフェラーリ

ja.espnf1.com

感想

 

 ボッタスがハミルトンとの激戦を制して初のPPを獲得しました! 予選当初からの、ハミルトンとの100分の何秒、1000分の何秒の争いは見ていて興奮しました。これまではハミルトンについていけてなかったボッタスですが、このコースは得意なんですかね。

 

 一方、ライバルチームであるフェラーリは、ベッテルはともかくライコネンが相変らず調子に乗り切れてない感じです。今回の予選ではベッテルとの間にリカルド(レッドブル)が入ってきました。急速にTOP2に迫ってきたレッドブルにも驚きですが、ベッテルとのタイム差を縮めることができないライコネンの問題はちょっと心配です。

 

決勝に向けて

 

 予選モードが強力なメルセデスが順当にフロントローを占めましたが、レースペースが良いフェラーリベッテルが上がってこれるかが注目です。

 

 もう一つの注目点は、予選グリッド偶数側になってしまったハミルトンのスタートですね。

 

 トワイライトレースのため、日本時間深夜のレースになります。みなさん頑張って観戦しましょう! 社会人・学生の方は、割り切って録画もありかもです。(僕は仕事に備えて録画です。)

www.as-web.jp

 

 

 

 

F1 2017年第2戦中国グランプリ 決勝

f:id:kuninn:20170326210827p:plain

中国グランプリ決勝 結果

 

 優勝 ルイス・ハミルトンメルセデス

 2位 セバスチャン・ベッテルフェラーリ

 3位 マックス・フェルスタッペンレッドブル

sportsnavi.f1.stats-japan.jp

 

感想

 ちょい濡れ路面から始まって、いきなりの2回のセーフティーカー(一回はバーチャルですが)導入で、かなり荒れたレースでした。

 実際、メルセデスフェラーリの力関係はもう一つよくわからないですね。でも、とても実力が接近した状態にはありそうです。

 予選でトラブルに見舞われて下位に沈んでいたフェルスタッペンですが、見事に3位表彰台。この人はほんとに濡れた路面に強いですね。そして、決して無理しすぎて破綻しないのが、この人の素晴らしいところだと思います。

 

次戦に向けて

 

 今回は特殊な状況でしたが、引き続きメルセデスフェラーリの熱戦が期待できそうです。比較的タイヤにやさしいと思われるフェラーリと予選モードが強烈なメルセデス。予選で上位に立ったメルセデスを、フェラーリがレースで逆転を狙うような展開になるのでしょうか。

 

 ただ、今回、荒れた展開になって中団に下がったメルセデスのボッタスが、なかなか上がってこれませんでした。これは、多少のタイム差があってもオーバーテイクが難しいことを示しているのかも知れません。

 

 ドライのレースでどれだけオーバーテイクがあるか、も注目です。

 

 次戦は、3月16日バーレーングランプリです。

f:id:kuninn:20170409194912j:plain

 

 

F1  2017年第2戦中国グランプリ 予選

f:id:kuninn:20170326210827p:plain

F1 中国グランプリ 予選結果

 

 PP ルイス・ハミルトンメルセデス

 2位 セバスチャン・ベッテルフェラーリ

 3位 バルテリ・ボッタスメルセデス

sportsnavi.f1.stats-japan.jp

 

感想

天候が心配されましたが、なんとかドライでできましたね。上位2チーム(メルセデスフェラーリ)、レッドブル、中団グループというような力関係が見えますが、それぞれのライバルたちとは力の差がほとんどない状態ですね。

 

全戦に続いて、チーム内でのタイム差が大きく、FP1でノックアウトされた5台がすべて違うチームでした。トラブルで満足に走れなかった車もありますが、一時のグリッド上位からチームごとに並んでいた状態から、だいぶんドライバーの技量がグリッドに反映されるようになったと思います。特に今年のマシンは新人には厳しいようですね。

 

決勝に向けて

 

ハミルトンがPPをとりましたが、メルセデスは予選モードが特に強力といわれていますので、その予選モードを使えない決勝レースで、ベッテルを抑え込めるのかが注目ですね。

 

あとは、天候ですか。

 

決勝レースは、4/19(日) 15:00(日本時間) からです。

f1sokuho.mopita.com

 

 

 

 

立ち食いソバ・うどん店の廃業について

f:id:kuninn:20170402231115j:plain

 

 僕は、勤務終了後に医者に行く場合、立ち食いソバ・うどんで腹を満たしてから行くことにしている。医者での待ち時間は混雑の程度でまちまちだが、腹が膨れているとイライラする度合いも少ない。また、必要があることとはいえ、単純にめんどくさい医者通いに対する自分へのささやかなご褒美でもある。

 

 立ち食いソバ・うどんの、あのつゆと、なにより、あのてんぷらの小麦粉の甘さが大好きなのだ。若いころは、いつかてんぷらそば(うどん)に、更にてんぷらを追加トッピングしようとずっと考えていたほどだ。さすがに、年齢を重ねた今は、てんぷらダブルは少々重い気がしてやめているが。

 

 先日、医者に行く前段階として阪急西口付近の立ち食いソバ・うどんを訪れたところ、閉店していた。何の前触れもなかったのだが、全く残念だ。三宮界隈の中心にあり、なにかと便利だったのだが。

 

 たしかに、コンビニが駅中に出店するケースも多くなってきているし、サラリーマンが小腹を満たすに場合に、おにぎりやパンですますということも多くなっているのかもしれない。

 

 ちょっと気になってインターネットで調べてみたところ、 厚生労働省健康局生活衛生課が平成26年9月にまとめた 「飲食店営業(そば・うどん店)の実態と経営改善の方策」というレポートを見つけた。

 

 このレポートの内容は、かなりショックだった。

 

 レポート内容を、立ち食いソバ・うどん店の動向という観点から簡単に紹介すると、平成 24 年度生活衛生関係営業経営実態調査を分析した結果、通常のそば・うどん店では前年度比売上増の施設が約12%であるのに、立ち食いそば店では売上増は0%、増減なしも0%であり、売上減が75%(残り25%は不詳)であった。(同レポート図3及び表6)

 

また、平均来店客数の動向の分析では、そば・うどん店では8%の店舗で増、そば専門店では11.6%、うどん専門店では27.6%の店舗で増となっている一方で、立ち食いソバ・うどん店では増は0%で、減が75%にものぼっていた。(同レポート図4)

 

 そして、職員数や仕事の時間など様々な視点から分析が進められるのだが、営業者の今後の経営方針の営業形態別施設数の構成割合(複数回答)としてまとめられている数字が、立ち食いそば店の苦境を端的にしめしていた。

 

 そば・うどん店などでは、価格の見直しやメニューの工夫など様々な項目にポイントが分散していたのだが、立ち食いそば店ではある項目にポイントが集中していた。それは、「廃業」。 50%もあった。そば・うどん店では同項目は10%であるから、立ち食いそば店の厳しい状態がうかがえる数値である。(同レポート表29)

 

 立ち食いソバ・うどん店では、自社の店舗というところは少なく、小規模な店舗が多いことから、店舗改装などの余地は少ないだろう。しかし、熱々のうどん・ソバを安価でいただける庶民のファストフード店として、これからも頑張ってほしいものだ。

 

 とりあえず、僕は、別の立ち食いソバ・うどん店を開拓することにしよう。JR三宮東口の奥の店か市営地下鉄三宮駅山側の店か・・・。

 

 

 

提案 レシピにおける液体調味料の単位について

f:id:kuninn:20170329011317j:plain

 料理のレシピなどで、塩少々、あるいは、塩一つまみという説明を見ることがあるが、料理研究家の方がラジオで話していたところによると、「少々」は親指と人差し指でつまむ量、「一つまみ」は親指と人差し指と中指でつまむ量を指すらしい。

 

 また、レシピなどでは、しょうゆやみりんなどの液体調味料の分量として、カップやCCという単位が用いられることが多い。

 

 しかし、実際には、ある程度料理の経験のある主婦(主夫)がレシピを見て調理する場合、しょうゆやみりんはボトルから直接入れるのではないだろうか。少なくとも、僕は、そうしている。

 

 そこで、新たに、液体調味料の単位として、次のものを提案したい。

 「ちょっと」・・・ボトルからちょっと垂らす。

 「ドボ」・・・ボトルからどぼっと入れてすぐ止める。約5ちょっと。

 「ドボボ」・・・ボトルから1秒程度継続して投入。約2ドボ、約10ちょっと。

 

 かなり直感的に液体調味料の分量が把握出来ると思うのだが、いかがだろうか。

 「煮物には、しょうゆ1ドボボにみりん1ドボ、あと酒を1チョット」

 

 数字を入れるともうひとつだな。

 「煮物には、しょうゆをドボボっと。それにみりんをドボッとと、酒をちょっと」

 

 これだ!

 

こどもの将来の夢が「長生き」?

 

f:id:kuninn:20170328005638j:plain

 3月も終わりに近づき、卒業と入学のシーズンである。

 

 ふと、懐かしいCMを思いだした。

 こどもが「将来の夢は?」と尋ねられて「長生き」と答える。そこへタイミングよくボールが飛んできてドーンとあたって・・・・おっととーのおっとっと♪

 

 こどもの夢が「長生き」なんて、フフフ、と和ませておいてからの落ちである。落ちが用意してあるところから、このこどもの受け答えもシナリオっぽいが、よくよく考えてみると意味のある言葉だ。

 

 こどもの夢=将来なりたい職業というのが定番だ。長生きという返事は、将来なりたい職業が決まっていなくておぼこい(かわいい)な、と和ませるシナリオだが、この言葉はこどもが今の生活を全肯定している言葉だとも受け取れる。

 

 つまり、CMを見る限り、生命の危機に瀕しているようではないので、生存欲求としての「長生き」ではなく、現状が幸せなのでそれが長く続いてほしいという無意識の願いの発露としての「長生き」と考えられるのだ。

 

 新春に小学校に入学する新1年生のこどもたち。

 なりたい職業は成長するに連れて変わる。だが、こどもから大人になっても、変わることなく「長生き」を夢として持ち続けられる人生であってほしい、とおじさんは願う。